クラフト教室


ほたる村は、小金井市立南小学校では「生活科」や「総合的学習の時間」に、また、小金井市立第二中学校では
「クラブ活動」の時間に地元でとれる材料を使って、お話し、普遊び、工作の指導を行ってきました。

子どもたちに野川の流域で育ったアシ、稲ワラ、竹、などを使って手作りで、竹トンボ、凧(タコ)、竹馬、一輪ざし、
ヨシズ編みなどを体験してもらって来ました。


モノは買う以外に手に入れることの少ない都会の小中学校生に、モノを手作りする苦労と出来上がった時の感動を
味わってもらい、郷土を愛する心を育むこと、自然環境を大切にする心を育むこと、地域の人々との交流を深めること
など色々な効果をもたらしています。


一方、市民向けには、ほたる村の村民が育てて収穫した稲ワラで、鍋敷きやワラ草履を作るクラフト教室を開催して、
昭和30年代まであった野川流域の人々の生活に触れ、野川の恵みを知ってもらっています。


上の写真は、小金井市立南小学校のは「生活科」で第1学年「凧あげ」 完成した凧をもって広々とした武蔵野公園に行き、
1年生とほたる村の村民がたくさんの凧を天高く揚げて、歓声をあげている光景です。





トップぺージへ        活動トップページへ