秋の鳴く虫を聞く会


 秋の鳴く虫を聞く会は9月に

暑い夏を過ぎて涼しさが感じられる頃の9月中旬の夕方に、 毎年野川ほたる村は「鳴く虫を聞く会」を開催しています。 H6年に第1回を開催し、その後毎年継続して実施しています。

場所は、第2調節池の西側にある小金井新橋に集合し、猛暑の季節を過ぎて 疲れた体に涼しい風を感じながら、野川ほたる村村民が鳴く虫について説明し、 わんぱく広場の原っぱをゆっくりと歩きながら、聞こえてくる虫の解説を聞きます。
一時、残暑の暑さと日々の忙しさを忘れて、やまべ橋まで涼やかな虫の声を愛でるのです。

この一帯には、野川ほたる村が保護活動を行っている小金井市の虫カンタン、けたたましい声のアオマツムシ、古来から 日本人好みのスズムシなどの他にも、エンマコオロギ、ツヅレサセコオロギ、ミツカドコオロギ、ケラ、など の虫の声が聞かれます。



カンタン

カンタンは、クズやヨモギなどが繁る草地に生息し、成虫は9-10月にかけて泣き声が聞かれます。
オスは、「ルルルルルルルル」と鳴きます。

カンタンは、「小金井市の虫」に指定されています。
野川ほたる村は、東京都に要請し、くじら山付近の草むらの刈り取りを保留して保全する区域を定めて、 保護し、観察を続けています。

カンタンは、草むら深くに棲んでいて容易には捕獲できないので、姿を見たり写真を撮ることは難しいです。

写真は、北海道丸瀬布町の昆虫生態館の案内書から引用しています。


 今年の鳴く虫を聞く会の案内
    





HPトップページへ      活動トップページへ